恋姫の生産

夏いちご「恋姫」の生産

「恋姫」は一年間収穫可能な「四季成り性」に分類される品種ですが、冬~春のイチゴが盛んな時期は外し、年間でイチゴがない時期である6月~12月にかけて栽培、出荷されています。
誕生日は一年中あるのに夏に食べるケーキにはイチゴがのっていない!のっていても美味しくない!なんてことのないように・・・
信州の地形、気候を活かし、太陽の光をたっぷりと浴びた香り高い美味しいイチゴを栽培しています。

信大BS8-9「恋姫」

イチゴは一年中同じものが食べられるわけではありません。
今までの一般的な夏イチゴは糖度が低く、いわゆる酸っぱいだけと感じるか、味が無いと感じるものが主流でした。しかしこの品種は真夏でも一定の糖酸度を保ち、自慢の香り高さは変わりません。
これほど優れた品種であるがゆえか、栽培は難しく、思い通りの収量にいたらないといった、農家にとっての難点もあります。
夏秋イチゴの栽培環境は夏場でも夜温が下がる必要があり、伊那市西箕輪はこの気候に適しています。三方を高い山々に囲まれた伊那谷は台風などの天災による被害も少なく、非常に恵まれた栽培環境といえます。

伊那市 恵まれた栽培環境
恋姫

「恋姫」の魅力

  • ・夏期の高温下でも高い糖度を保つので味が濃い
  • ・食味に大きく影響するという香りが良い
  • ・外観が美しく、切った時に中まで赤い
  • ・比較的硬く、保管や輸送にも都合が良い
  • ・需要の高い大きさの果実を収穫できる期間が長い

夏秋いちごの収穫期

イチゴは「一季成り性品種」と「四季成り性品種」に大別されます。
生食用の多くが「一季成り」で、収穫・出荷は冬から春。
ほぼ1年を通して収穫が可能なのが、「四季成り」(夏秋イチゴ)です。
当社では、「春植え → 夏秋どり」となります。

  • 夏秋いちご01
  • 夏秋いちご02
  • 夏秋いちご03
夏秋いちごの収穫期

当園のスタッフ

青木一徳

青木一徳 取締役事業部長

当アグリ事業部は、2015年に立ち上がったばかり。私の農業経験年数に比例します。夏イチゴというだけで国産が少ないなか、この品種は冬イチゴをも凌駕するほどの香りと旨さ。可能性をたっぷり秘めた宝石を、ヒヨっ子なりに日々研究しております。地元で産声をあげたこの品種をこの地域で大きく育てたい、その一心で挑戦を続けて参ります。

鈴木麻琴

鈴木麻琴 社員

太陽と土と自然と、野菜と果物と日本酒が大好きです。どちらかというと、後半になるにつれて好き度がUPします(笑)。苗たちから毎日新しいことを教わることができ、楽しくて仕方がありません。私たちの作ったイチゴがお客様の口に運ばれるまでを想像し、農作業のあとでいただく一杯を想像し、日々頑張っています!

「恋姫」のご注文お問い合わせ

個人様向け販売について
当社の夏イチゴは業務向けが主体でありますが、法人様・個人様に関わらずお気軽にご相談下さい。
また、伊那市のふるさと納税返礼品でもお選びいただける時期がございます。

お電話でのお問い合わせ

0265-72-5111

営業時間:9:00 〜 17:00

Webからのお問い合わせ

今すぐ問い合わせる>